保存方法

   
お米の保存方法
購入したお米の保存、どうしてますか?意外と購入した時の袋に入れたまま、口を輪ゴム等で止めておいている人が多いのではないでしょうか。
昔は、どの家庭にも米びつがありましたが、最近では、米びつを使用する家庭が少ないようですね。せっかく美味しいお米を購入したのですから、いつまでも美味しく召し上がりたいものです。
では、お勧めの「お米の保存法」をご説明いたしましょう。
 
購入時のお米の袋が、いけない理由
購入したお米の袋には、ほとんどといっていいぐらい空気抜けの穴が開いてます。
これは、単に販売する側の都合で(お米を陳列しやすいようにできている)空いているだけの物です。
この空気抜けの穴が曲者で、袋の口を閉じていても、この穴から湿気を含んだ新しい空気が中に入ってしまいます。(時には、虫の付く原因になる場合もあります)
湿度の高いところに置いておけば、お米は湿気ますし、常に空気が入り酸化しつづけます。
すぐ消費しないのであれば、ちゃんと保存しましょう。
 
風通しのよい日陰が一番!(お米の保存の基本)
お米の保存には、風通しがよく、涼しくて、暗い場所が適当です。
ところが今の家庭のキッチンの中には、この条件を満たすスペースが少ないのです。
キッチンでは火を使い、しかもお湯などを沸かしますので、他の部屋より温度が高く、湿度も高くなります。冷蔵庫などの電気製品も放熱しますし、水仕事の水がかかるおそれもあります。
以前は薄暗かった台所も、今では大きく窓をとり日の当たる設計が多くなり、キッチン全体がお米を保存するには適さない状態になっています。
キッチンから一歩外へ出れば、適当な場所があるのかもしれませんが、あまりにも不便。
ですから、10キロまとめて買った場合には、2~3キロをキッチンに置き、残りを納戸などにしまっておくとよいでしょう。
また、冷蔵庫に余裕があるのなら、密閉して冷蔵しておけば、お米の質は低下しません。
床下収納のある家庭では、ここを利用するのもよいでしょう。風通しは、よくありませんが、温度はかなり低くなります。
 
当店のお勧め保存法
お勧めの保存法は、すぐ消費しない量を小分けして、パッキングする事です。
なるべく蓋や口がしっかり閉まり、空気が進入しない容器を使いましょう。
お米は、容器の口一杯まで入れ余分な空気を少なくするることが、ポイントです。
口一杯までお米を入れても、どうしても湿気を含んだ空気が入ってしまいますが、新しい空気が入らなければ、それ以上の湿気・酸化を防げます。
小分けした容器を冷暗所に置き、ひとつづつ使っていきます。
(消費するときまで口を開けない事!)
有限会社むろ米穀
〒683-0004
鳥取県米子市上福原5丁目13-65
TEL.0859-22-3344
FAX.0859-22-3436
──────────────
米穀販売
──────────────
<<有限会社むろ米穀>> 〒683-0004 鳥取県米子市上福原5丁目13-65 TEL:0859-22-3344 FAX:0859-22-3436